「座るとお尻が痛いっ」それは梨状筋症候群かもしれません!

梨状筋症候群で辛い少女

お尻に痛みを訴える患者さんが来院

半年前からお尻に違和感が出始めて、3ヶ月前から座っているとお尻に電気が走るような痛みが出始めた50代の女性が来院されました。

当院に来られる前に、病院(整形外科)を受診した際に『梨状筋症候群』と診断されたそうです。

今回の記事はお尻に痛みを出す『梨状筋症候群』について解説していきます。

この記事が梨状筋症候群を患っている方の、改善に向けてのお役に立てれば幸いです。

梨状筋症候群

梨状筋

梨状筋の解剖

 

梨状筋というのは仙骨から大腿骨に付く筋肉で臀部の深層に位置している筋肉です。

梨状筋の作用は股関節を外旋する作用があります。 ※ 外旋→つま先を身体の外側に向ける動作のこと

まず梨状筋について知っておかなくてはいけない事は、解剖学的に梨状筋の下を坐骨神経が通過しているということです。

この事によって、梨状筋に緊張などの筋肉の異常が起きた場合は、坐骨神経痛が起きてしまいます。

このような病態のことを『梨状筋症候群』と言います。

また、椎間板ヘルニアと誤診されるケースが最も多いことでも有名ですので注意して下さい。

⚠椎間板ヘルニアと誤診される理由についての参考記事↓

※『椎間板ヘルニアの真実』

梨状筋症候群の4つのパターン

梨状筋症候群の4つのパターン

梨状筋症候群には4つのパターンがあると言われています。

上記の画像を元に説明していきます。

⚠黄色:坐骨神経 赤:梨状筋

1.全ての坐骨神経が梨状筋の前を通る(85%)
2.総腓骨神経が梨状筋を貫通し、脛骨神経が梨状筋の前を通る(10%)
3.総腓骨神経が梨状筋の後を通り、脛骨神経が梨状筋の前を通る(3%)
4.坐骨神経が神経幹として梨状筋を貫通する(1%)

このように梨状筋症候群一つとっても、個体差が存在していると報告されています。

坐骨神経痛で梨状筋が関わっているケースはとても多いですが、神経の走行の仕方によって、症状の現れ方に違いが出て来ます。梨状筋症候群を改善するためには、当然、それに応じた施術が必要になります。

 

⚠座っていると腰が痛くなる方の参考記事はコチラ↓

『座っていると腰が痛くなる原因とは?』

梨状筋をマッサージすれば梨状筋症候群は改善されるのか?

『梨状筋症候群』をネットで検索かけると、『テニスボールをお尻に当ててグリグリする』といった対処方法が紹介されていることがよくありますが、もし梨状筋が坐骨神経痛に関わっているとしたら、梨状筋が硬くなって長いこと坐骨神経を絞扼している状態なので坐骨神経はとても過敏になっています。

そんな過敏になっている坐骨神経にマッサージでグリグリすると痛くて仕方がないですし、逆に刺激が強すぎてしまうと、更に筋緊張を高めて症状が増悪するリスクが高いと言えます。

また、そのような患部にたいして直接刺激を与える行為の多くは、一時的な症状緩和にしかならず、いわゆる対症療法にすぎません。

⚠一時的な対症療法をされている方に必要な参考記事↓

『治るために”痛みの意味”を理解して下さい!』

『【重要】安易にコリをほぐすのは危険です!!』

梨状筋症候群由来の坐骨神経痛を改善するためには

病院(整形外科)で梨状筋症候群あるいは坐骨神経痛と診断された場合、それらを改善するためには、まずは身体の仕組みについて理解する必要があります。

といっても特別専門的な知識は誰もが抵抗を感じてしまうと思いますので、解りやすいように簡単に説明します。

人体は中枢から抹消まで何層かの階層があるとイメージしてください。

階層レベルをみていくと、中枢は脳・脊髄にあたり、末梢は筋肉にあたります。

末梢にあたる筋肉は中枢の脳・脊髄に支配されているので、中枢を正常にすること必要だということです。

木を例えて言うなら、枝の状態が悪かったとして、根に原因があれば、いくら悪くなった枝を切っても駄目で、根を良好な状態にしなければ行けないのと同じです。

つまり、枝である梨状筋が問題を起こしているのであれば、根にあたる脳・脊髄を正常になるように調整すればいいということです。

梨状筋症候群や坐骨神経痛でお悩みの方へ

はっきり申し上げますが、梨状筋症候群、坐骨神経痛(お尻の痛み)で、テニスボールを使ってマッサージしても、ストレッチをしても、回復力がある方はそれでも改善します。身体は常に治りたがっているので、回復力の高い方は、どんな刺激でもプラスの刺激に変換する事ができるからです。

しかし、症状が現れてから、おおめに見ても3ヶ月以上症状に変化が見られないのであれば、回復力が滞っていると考えられます。

そういった方はお早めに対処するようにお勧めいたします。

⚠3ヶ月以上、坐骨神経痛が続いている方はコチラ↓の記事をご参考ください。

※坐骨神経痛の方が必ず知っておくべき事

⚠治療院選びのポイントに関する参考記事↓

※正しい治療と間違った治療の判断基準はコレです! ~前編~

※正しい治療と間違った治療の判断基準はコレです! ~後編~

どこに行っても改善しない梨状筋症候群・坐骨神経痛・お尻の痛みでお悩みの方は当院にお任せください

 

健康が一番

新型コロナウイルス対策バナ ー画像

The following two tabs change content below.
エフカイ整体院 院長 茆原陽志
柔道整復師の国家資格取得後、整形外科、接骨院 勤務 を経てエフカイ整体院を開業。国内のみならず、国外にも技術研磨に足を運ぶ。誰もが本来持っている、生体の回復力に注目し、真の治療を追求し続けている。

予約案内バナー
当院は本気でつらい症状を改善したい方を全力で治療したいと考えております。当院の施術の方針、治療への考え方にご納得いただけるようでしたらぜひ当院に施術をさせてください!