【重要】安易にコリをほぐすのは危険です!!

誰もが一度ぐらい経験したことがあると思いますが、最近の美容院は洗髪後にマッサージのサービスをしてくれる所が増えています。その際に「凝ってますね~」と言われたことがありませんか?または、体の不調で接骨院等で施術を受けた場合にも同じような事を言われた経験があるかもしれません。あなたは”コリ”と聞いたらどの様なイメージを持ちますか?多くの方はマイナスなイメージを持つかもしれません。しかし実際は「”コリ”があなたの身体を守っている」のです。

コリとは?

コリというのは、「筋肉のこわばりや不快感があり、重苦しく有痛性の筋硬結」のことです。例えば、ある筋肉を酷使して乳酸等の疲労物質が蓄積した筋肉は、酷使し続けなければ時間の経過とともに回復してくるはずです。たまに庭の手入れをしたら腰が痛くなったりすることです。しかし、一定の期間を経過しても改善されない場合のコリは、必要があって起きているケースのコリです。このコリに対して安易にほぐしてしまうことは、かなり危険な行為となることを知っておかなければいけません。

首や腰にコリがある男性

なぜコリが必要なのか?

コリが必要で起きている場合は、ある重要な部分が弱くなっています。その弱くなった部分を補強するために、自家製のギブスとしてコリは存在しているのです。その弱る部分とは・・・

脊椎のことです。脊椎とは背骨のことで重要な脊髄が脊柱管の中を通過しています。身体は脳と脊髄が中枢神経であり、運動神経だけでなく自律神経も司っている最重要部位です。脳や脊髄に何らかの異常があると(脳脊髄液のうっ滞等)脊椎の靱帯が弛緩し関節に緩みが生じて不安定な状態になります。脊椎が脱臼してしまうと脊髄に重篤なダメージを与えることになってしまいます。そこで、脊椎の中の脊髄を守るためにコリとして補強し安定させて役立っているのです

想像してみて下さい!そんな重要な任務のために存在しているコリに対して安易にマッサージしたり電気を当ててしまうとどうなってしまうと思いますか?と言っても、私たちの身体は本当によく出来ているので、ほぐされてしまいそうになると、もっとこわばって守ろうとしてくれます。例えば、肩こりの施術において、強い刺激を受け続け、逆にコリまくってしまう状態のことです。そうなると施術後に痛みが軽減しても、時間の経過とともに悪化します。ここまでの説明で、なぜ安易に硬いからといって、コリを取ってはいけないのかが理解できたはずです。

コリの重要性を理解した少年

ヘルニアは、なぜ飛び出してしまうのか?

ここまでの説明で勘のいい方は気が付いたかもしれませんが、椎間板ヘルニアも脊椎の不安定感を補正するべく必要に応じて飛び出しています。いや、飛び出してくれているといえます。それを踏まえた上で、ヘルニアが飛び出しているからってだけで、短絡的に取り除いてしまうと、どうなってしまうと思いますか?また脊椎が不安定になるので、新たにヘルニアを作り出します。ヘルニアで手術をしたけど、しばらくして再発するのが多くあるのはこのためです。つまり、こういったコリやヘルニアは、必要な生体現象のひとつです。身体を危険から守り、休ませようとしてくれているのです。

ヘルニアを手術

回復力を高めることが必要

どのような治療を受ける上でも、知っておかなければいけないことは、施術後に回復力が高まっているのかどうかということです。施術後に頭がぼーっとしたり、力が弱くなっているのは、明らかに回復力が高まった状態とはいえません。正しい治療を受けると、頭はスッキリして呼吸が楽に深くなり、筋肉は力が溢れ、足が軽くなっているはずです。

当院では、症状だけに囚われず、体全体の回復機能を改善していく施術に特化しています。

重度の肩コリや長年の慢性腰痛、椎間板ヘルニアと診断を受けた方。どこに行っても改善されなかった方はご相談して下さい!

椎間板ヘルニアから回復した夫婦

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
エフカイ整体院 院長 茆原陽志
柔道整復師の国家資格取得後、整形外科、接骨院 勤務 を経てエフカイ整体院を開業。誰もが本来持っている、生体の回復力に注目し、真の治療を追求し続けている。

当院は本気でつらい症状を改善したい方を全力で治療したいと考えております。当院の施術の方針、治療への考え方にご納得いただけるようでしたらぜひ当院に施術をさせてください!