湿布薬にご用心!

それでも湿布を貼りますか?

今まで関節や筋肉が痛くなったりしたときに、湿布を貼った経験は誰もがあるのではないでしょうか。

飲み薬に抵抗がある方でも、「湿布ぐらいだったらいいかな~」なんて思う方もいると思います。

しかし、湿布を貼ることで体に起こっていることを理解すれば、安易に湿布を貼ることを改めるきっかけになるはずです。

湿布とは?

湿布とは、正式に言うと経皮吸収型鎮痛消炎剤を成分として配合した貼り薬のことを意味します。

患部に湿布を貼ることによって、鎮痛消炎成分が皮膚から患部へと吸収され、腫れや痛みを抑える作用が期待されています。

湿布の成分

湿布の成分はインドメタシンやイブプロフェン、ケトプロフェン、ロキソプロフェン、フェルビナク、ジクロフェナクなど。

これらが湿布のパッケージの裏に、よく書かれている成分名です。

これらの成分は「非ステロイド抗炎症(NSAIDs)」と呼ばれ、消炎効果や鎮痛効果が高いとされます。

湿布の効果・効用

湿布を貼ると、体にどんな変化が起きているのか?

湿布を貼ることで、上記に列挙した成分が皮膚から吸収され、体内の血液循環が低下し、消炎効果や鎮痛効果といわれる状態になります。

しかし、私達の体は細胞からできており、細胞は血液から栄養補給や代謝をすることで生命活動を担っています。

細胞イメージ画像

症状が体を治す

一般的に忌み嫌われている痛み等の症状ではありますが、実際は症状が体を治しています。

症状があるから、痛みが出る動作はなるべくしないようにすることで、患部を休ませることができ、結果、治っていきます。

短絡的に考え、痛かったのが湿布を貼って痛くなくなった。よかったよかったではないのです。

ましてや、血液循環を阻害しているので、細胞レベルで体は弱ってしまいます。

赤血球数

真の健康とは

湿布や痛み止めを使えば、一時的に症状は抑えることができるかもしれませんが、本来の健康を損なってしまいます。

真の健康とは、血液循環を良くすることにほかなりません。

血液循環を良くするためは、体を冷やさない、適度な運動、食事、日常的に身につけるものに注意することなどが挙げられます。

症状に感謝して健康な毎日を送りましょう!

The following two tabs change content below.
柔道整復師の国家資格取得後、整形外科、接骨院 勤務 を経てエフカイ整体院を開業。国内のみならず、国外にも技術研磨に足を運ぶ。誰もが本来持っている、生体の回復力に注目し、真の治療を追求し続けている。

予約案内バナー
当院は本気でつらい症状を改善したい方を全力で治療したいと考えております。当院の施術の方針、治療への考え方にご納得いただけるようでしたらぜひ当院に施術をさせてください!