痛みの”意味”を知ってください!

今現在、痛みや違和感を抱えて不安になってたり、悩んでいる方。あるいは、大切な家族に何かしらの症状があって心配な方は、この記事を読んでもらえば、”痛み”についての正しい理解が深まり、「どうしたら治るのか?」「治るとはどういうことなのか?」といった必要なことが見えてくるはずです。

「治る」とはどういうことか?

一般的な「治る」とは何を指しているのでしょうか?

痛みがあれば、その痛みが消失したり軽減したりすることで、「治った」と感じるのではないでしょうか。

ただ痛みを消失させたり、軽減させたりすることを目的とするならば、病院で薬を飲めばいいのでしょうが、それで一旦、症状が治まっても、またぶり返してはこないでしょうか?

こういったことを続けていても、決して真に「治った」とは言えず、同じことの繰り返しをしている間に感覚も鈍麻します。そうこうしているうちに、やがて負のスパイラルに陥ってしまい、身も心も衰退していってしまうことでしょう。

本当に「治る」ことを理解するためには、「痛み」をはじめとする様々な症状の意味を考えなくてはいけません。

「痛み」の訴えに耳を傾ける

ここでは便宜上、様々な症状をひとくくりに「痛み」として説明していきます。

「痛み」を感じることを嫌がる方もいるでしょうが、本来、「痛み」とは身体の異常を大事に至らないように知らせてくれる火災報知器の警報のようなものです。

身体のどこかに異常があるので、それを「痛み」として自覚させて、無理して動かしたりしてしまわないように、そして早期回復できるように休ませるために「痛み」は発生しています。

しかし、多くはこの痛みを止めるために治療をしてしまっています。これは対症療法であり、治ろうとする身体の努力を妨害する行為だといえます。このような身体が発している警報を次々と止めていっては、ついには警報が鳴らない状態に向かってしまいます。

そういったことにならないために、次の2つの図式を改めていく必要があります。

痛みがない  =  健康

治ること   =  痛みを取る

これは治療者と患者の双方が理解する必要があるのではないでしょうか。

私の想いを聞いてください!

白状すると、私も現在の師匠にお会いするまでは、実は、痛みをただただ取るために躍起になって施術していたのです。

ですので、施術後に痛みがどのようになるかといったことしか頭になく、仮に痛みが消失しても、次に来院したときにはぶり返していることがほとんどでした。

ここで多くの治療家が陥ってしまうのが、治療の量を増やしたり、刺激を強くしてしまうことです。私も完全にそこに陥ったのです。軽症であれば、どんなことをしても身体は治っていきますが、そうでなければ、身体の本質を深く理解していないとよくなっていきません。

だからこそ、この記事を読んでくださった方には、痛みや治るとはどういういことなのか。それから身体についての正しい知識を理解していただきたいと願っています。

それが私の想いです。

健康でハッピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
エフカイ整体院 院長 茆原陽志
柔道整復師の国家資格取得後、整形外科、接骨院 勤務 を経てエフカイ整体院を開業。誰もが本来持っている、生体の回復力に注目し、真の治療を追求し続けている。

当院は本気でつらい症状を改善したい方を全力で治療したいと考えております。当院の施術の方針、治療への考え方にご納得いただけるようでしたらぜひ当院に施術をさせてください!