藤沢市で坐骨神経痛の名医をお探しですか?

坐骨神経痛は薬では改善しない

このブログに辿り着いた”あなた”は薄々は感じていると思いますが

坐骨神経痛は消炎鎮痛剤(痛み止め)、筋緊張弛緩薬、血管拡張薬では残念ながら根本的な改善は望めないと当院では考えています。

ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛で処方されるお薬

副作用の強い「ロキソニン」「リリカ」や「トラムセット」といったお薬を飲んでも、痛みやシビレを感じなくさせているだけで

その場しのぎの対症療法に過ぎません。

なぜ坐骨神経痛になるのか?

坐骨神経痛の発症部位

坐骨神経の支配領域に痛みやシビレが現われることを坐骨神経痛と言うので、坐骨神経痛という名称は症状名です。

椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症 などが整形外科で扱われる診断名になります。

一般的にはレントゲンやMRIで骨の状態を判断して神経の圧迫があるのかどうかで判断されています。しかし、実際にはレントゲンやMRIにも映らない程の小さな椎間板の異常や微細なヘルニアがあります。その状態の悪い脊椎を守ろうとして、周囲の筋肉が硬くなって保護しているというわけです。

繰り返しになりますがレントゲンやMRIでは、そこまでの状態は解りません。

だから、病院ではとりあえず症状を鎮めようとして鎮痛剤、筋弛緩剤、血管拡張剤といったお薬が処方されているのです。

当院では精度の高い筋肉反射テストを用いて身体の細部の異常をあぶりだし、症状の原因を追求していきます。

坐骨神経痛の原因を追求する!

坐骨神経痛を改善するために最も重要な事は

どこが原因なのかを徹底的に見つけることです!

原因が解らなければ当てずっぽうの治療になってしまうので、博打と同じです。

どんなに高価で素晴らしい治療器具を持っていても、原因ではない場所を治療していては改善は望めません。

当院では正確で精度の高い診断法を用いて初診時に徹底的に検査をして原因を見つけることを重要視しています!

当院で初診時にチェックする6つのポイント!

1.姿勢が崩れているのはどこか?

ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛でみられる不良姿勢

私たちの身体は「解剖学的肢位」が理想とされているので、そこから逸脱している部位を見つけます。

どこか一箇所が逸脱していれば、それに伴って負担がかかる場所が決まってきます。

 

2.骨盤の状態はどうなっているのか?

骨盤の図解

骨盤の歪み方をみると、普段の重心のかけ方や座り方のクセが解ります。

骨盤は身体の土台なので、歪みを正すことと可動性が必要です。

 

3.可動域はどうか?

ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛の可動域をチェックする女性

実際に、ご自身で体を動かしてもらって可動域を確認します。

意外と自分でも可動域が狭くなっていることに気がついていない場合があります。

4.どの動作で症状が現れるのか?

ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、発症部位

痛い動作を繰り返してもらいながら、筋肉の影響を検査していきます。

この検査によって、治療対象になる筋肉を特定していきます。

5.内臓の状態はどうか?

ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛の内臓施術

内臓の状態は筋肉に現れます。それらをチェックして身体に影響が出ているかどうかを調べていきます。

また、内臓とリンクする頭蓋の歪みも確認します。

6.脳・脊髄の状態はどうか?

人体の神経系の中枢である脳と脊髄の異常を判定しないことには回復力の道筋を立てることは出来ません。

中枢神経系の調整

 

このように、問診から得た情報から検査を入念に行い徹底的に原因を見つけます。

☆坐骨神経痛や椎間板ヘルニアについてはコチラ↓を御覧ください。

※坐骨神経痛の方が必ず知っておくべきこと!

※病院では教えてくれない「椎間板ヘルニア」の異常部位とは?

痛みやシビレとは何なのか?

痛みやシビレがの症状が辛いのはよくわかります。しかし、症状は身体が正常に回復するために起こしている生体防御反応であり、それ自体が障害ではありません。覚えておいて下さい!防御反応である痛みを感じにくくさせてしまう行為は回復力を低下させてしまい、同じ症状で苦しむことになります。

本気で坐骨神経痛を改善したい方には必ず知ってほしい事

身体の回復する仕組みを説明します。

【痛み】→ 【休息】→ 【治癒】 

このような順序を得ることで身体は回復していきます。痛みを止めてしまう目的での安易なマッサージや骨格矯正または、痛み止め、ブロック注射等は回復機能が阻害されてしまい、身体が回復へ向かうことが出来なくなってしまいます。

考えて笑みて下さい!痛みを止めるだけの施術は「火災報知器のブザーだけを止めて火災を放置するようなもの」であり、根本的な解決にはなりません。「痛みは結果」であり、必ず「痛みの原因」が存在します。原因と結果の因果関係を明確にしない限り、痛みは解消されません。

痛みなどの症状は健康な証拠であり、回復するための必要な現象です。傷口にカサブタができるのと同じことです。傷を負うと治癒機能が皮膚を再生させるためにカサブタを作ります。回復の経過とともに必要がなくなったカサブタは自然と剥がれ落ちます。カサブタができる度に引っ掻いて剥がしていれば、いつまで経っても皮膚が再生出来ません。

痛みなどの症状もこれと全く同じことです。現時点での症状は身体にとって必要であり、必要がなくなればカサブタ同様、自然と剥がれ落ちるように消失していきます。

身体には回復するためのシステムが必ず誰でも備わっています。当院では、あなたの回復力を最大限後押しすることを目的として施術をしております

 

自然治癒力を発揮

 

どこに行っても改善しない坐骨神経痛でお悩みの方は、当院にお任せください!

エフカイ整体院 院長 茆原陽志

 

 

 

The following two tabs change content below.
エフカイ整体院 院長 茆原陽志
柔道整復師の国家資格取得後、整形外科、接骨院 勤務 を経てエフカイ整体院を開業。誰もが本来持っている、生体の回復力に注目し、真の治療を追求し続けている。

当院は本気でつらい症状を改善したい方を全力で治療したいと考えております。当院の施術の方針、治療への考え方にご納得いただけるようでしたらぜひ当院に施術をさせてください!