坐骨神経痛の種類と改善方法

おしりや腿の裏、足首周辺に痛み、あるいはシビレなどの違和感がある状態を坐骨神経痛といいます。神経障害なので、障害のある領域の筋力は低下をおこしたり、皮ふ感覚も鈍くなったりします。

このような症状がある場合、身体はどんな状態になっているのかご存知でしょうか?坐骨神経痛といっても様々な病態がありますので、今回は病院で診断される代表的な病名を説明していこうとおもいます。

 

1.椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアという名前を聞いたことがない人って、ほとんどいないといっても過言ではないかもしれません。

腰の部分の背骨を腰椎といいますが、その腰椎と腰椎の間に椎間板というクションのような線維性の組織があり、これがヘルニアを起こして、神経に障害をおこしてしまうものです。

腰椎がゆがんでいたり、関節、靭帯が緩んでヘルニアを生じていることが大半をしめています。

※ヘルニアについての詳細はこちらを御覧ください→病院では教えてくれない【椎間板ヘルニア】の異常部位とは?

2.腰椎分離・すべり症

腰椎分離症は小学生~高校生でスポーツをされていた方に多い腰痛です。原因は腰椎の疲労骨折ですが、一般的に自然に治ると言われていますが、慢性的な腰痛に移行しているケースも珍しくありません。

すべり症は腰椎が前方にゆがんでしまい、椎間板や神経または靭帯などに障害をおこしてしまうことをいいます。また、すべり症は、過去に分離症を経験されていることも多いです。

3.脊柱菅狭窄症

脊髄が通る脊柱管という管が何らかの理由で狭くなり、神経症状を発症します。通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、腫瘍によって引き起こされる場合もある。

坐骨神経痛が改善しない、悪化してしまう理由

坐骨神経痛では腰椎がゆがんでしまう異常がある場合が多くあります。また、椎間板、関節、靭帯がゆるんで神経根を圧迫、坐骨神経痛・ヘルニアを生じます。

腰椎がゆがんだままだと、神経を圧迫したり、血流が悪くなったりするので、 そのままの状態ではますます悪化してしまいます。湿布や痛み止め等の飲み薬では、ゆがんだ腰椎を元の位置に調整されるわけではありませんので、 根本改善には繋がりません。

坐骨神経痛はどうすれば改善できるのか?

もし、腰の周りや臀部の筋肉をもみほぐしたら、その痛みはその場だけの改善になるかもしれません。しかし、しばらくしたら、同じ症状が現れてくるでしょう。

当院では首の骨から腰の骨までの背骨だけでなく、骨盤、頭蓋骨のゆがみを調整して、脳と脊髄の機能を正常にします。そうすることで、身体全体が整い、自己の治癒力をUPさせていきます。当院の施術はボキボキしない、ソフトな整体ですので、どの年齢の方も安心して受けることが出来る施術です。

 

症状には個人差があり、施術の回数も様々ですが、 坐骨神経痛は症状によっては手術を回避することも可能なケースもあります。
腰痛の根本改善を希望の方は、是非、当院へお越しください。

The following two tabs change content below.
エフカイ整体院 院長 茆原陽志
柔道整復師の国家資格取得後、整形外科、接骨院 勤務 を経てエフカイ整体院を開業。誰もが本来持っている、生体の回復力に注目し、真の治療を追求し続けている。

当院は本気でつらい症状を改善したい方を全力で治療したいと考えております。当院の施術の方針、治療への考え方にご納得いただけるようでしたらぜひ当院に施術をさせてください!