背中の痛みに効果があった意外な場所とは・・・?

慢性的な背中の痛み

数年前から背中に張りと痛みが続いている患者さんの施術で、意外なところを治療したら効果があったので

今回は、そのことについて書いていこうと思います。

習慣的にストレッチをしていた

患者さんのTさんは、背中に痛みを感じれば習慣的にストレッチをして何とかしのいできたとのことでした。

しかし、痛みのある患部をいくらストレッチをしても、根本的に改善されることはありません。

なぜなら、痛みを感じている患部というのは、他の原因となる短縮筋の影響によって

患部は伸ばされている状態なので、身体の防衛処置として

『これ以上動かしたり、伸ばしたりしないで~』というサインを痛み刺激にして送っているのです。

だから、すでに伸ばされている患部をストレッチで伸ばしても改善を期待するのは難しいということです。

genninnkinn

 

 

治療をする前に検査をして原因を特定する

当院では、治療をする前に、どこが痛みの原因になっているのかを検査で特定していきます。

『どんな治療法を使うかよりも、どこを治療するのか』がとても重要だからです。

検査をしないでベッドにすぐに寝かせてしまう治療院も少なくないので、気を付けてください。

背中の痛みの以外な場所は・・・

Tさんに検査をしていくと、いくつか引っかかってきたんですが

そのうちの2つがちょっと意外なところで、腕の筋肉でした。

 

 

brachioradialis-14953D6B6CF52A4D647

腕撓骨筋(わんとうこつきん)

肘の外側から親指の付け根付近まで付着していて、前腕を曲げたり、手の平を下に向ける(回内)作用がある筋肉です。

結構、大きな筋肉なので、使用頻度も多く疲労が蓄積して、パンパンになっている方も多い筋肉だと思います。

 

もう1つが・・・

 

長掌筋(ちょうしょうきん)

肘の内側、前腕の筋膜から手掌の腱膜まで付着していて、手首を曲げる作用がある筋肉です。

さほど大きな筋肉ではありませんが、臨床上では治療する機会が多い筋肉です。

palmaris_longus1365281604814

2つとも腕の筋肉でしたが、私たちはみんな手をよく使いますので、疲労が蓄積している事が多いです。

Tさんの治療後は大幅に背中の痛みが軽減されていました。

※痛みについてはコチラ↓

【公開】痛みがなくなる本当の理由とは?

最後に・・・

この様に患部から離れている場所が痛みの原因になっていることは、とてもよくあることなので

当院では、特別珍しいことではありません。

私たちの身体は、上記のイラストのように筋膜というものに全身覆われて、すべてが繋がっています。

だから、この様に、離れた場所でも原因になりえるということです。

逆に、今回のケースを例にとってみると

どんなに頑張って背中をストレッチしたり、強いマッサージしてみても

ずっと治ることはないのです。

 

どこに行っても改善しない背中の痛みでお悩みの方は、当院にお任せください!

エフカイ整体院 院長 茆原陽志

 

 

The following two tabs change content below.
エフカイ整体院 院長 茆原陽志
柔道整復師の国家資格取得後、整形外科、接骨院 勤務 を経てエフカイ整体院を開業。誰もが本来持っている、生体の回復力に注目し、真の治療を追求し続けている。

当院は本気でつらい症状を改善したい方を全力で治療したいと考えております。当院の施術の方針、治療への考え方にご納得いただけるようでしたらぜひ当院に施術をさせてください!